横浜市石川町駅から徒歩1分の皮膚科・美容皮膚科、えみ子皮膚科クリニックです。

General dermatology

一般皮膚科

当院では保険の治療とあわせてより幅広く診療ができるように自費治療も取り入れてます。
かぶれ、じんましん、水虫といった一般の病気以外に以下の病気には特に力を入れています。
※ホクロの除去術はやっていません

アトピー性皮膚炎

症状と治療内容

アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気と思われがちですがご本人の体質の乾燥肌が主な原因です。 まず保湿をしっかりすることが重要です。
治療については保険適用とになります。 症状は軽症から重症に分かれ、また、年齢によって症状のでかたが変わります。
当院では、それぞれの症状にあわせて病気の説明をしています。 日常生活での注意や外用の仕方など看護士から説明しています。
軽症の場合、季節の変わり目に通院する程度で十分な場合も多いです。
日本には四季があり季節でお手入れは変えなくてはいけないのでその指導も随時行っています。

重症になれば抗アレルギー剤の内服とステロイドの概要では改善しなくなります。 その場合、紫外線治療やネオーラル、デュピクセントという薬を使用します。
長期的なステロイド内服は副作用からオススメしません。
アレルギー検査も希望であれば行い生活指導をしています。
また、ステロイド外用剤の使用量を減らすためにカシミア肌着などの研究もカシミア繊維の会社と提携し、 学会にも発表しています。

赤ら顔、酒さ

症状と治療内容

赤ら顔、ニキビ、湿疹がお顔に出る病気です。
顔が赤いけれど治療を受けてもあまり変わらない場合、酒さの可能性があります。 近年非常に増えている病気です。
中年の女性で悩まれている方が多く、当院にも多数受診されます。 重い方では外出もできないほど悩まれている場合もあります。
保険での治療を基本に日頃の化粧品などの指導などを行いますが、重症の場合、ICONという新しいIPL・光治療による治療など幅広く行っています。
自費治療の施術内容については以下より詳細ページにてご確認ください。

手荒れ、慢性湿疹

症状と治療内容

生活の中でも身近な皮膚疾患である湿疹(皮膚炎)は、皮膚科に通われる患者さんの中でも上位の疾患になります。
湿疹には種類が様々あり、ちいさなぶつぶつから、強いかゆみを伴うものもあります。
1週間以上症状が続きます。種類によって原因も多数ありますが、放っておくと長引くことが共通しています。
肌は自身の身体を守る為にバリア機能があり、外からの刺激である紫外線や、ハウスダスト、花粉、ウイルスなどから保護しています。
しかし、何らかの原因でバリアが壊れると、侵入してきた刺激から身を守ろうとします。
その免疫反応で炎症が起こり、かゆみも生じます。 保険の治療です。保湿剤についても細かく指導し、重症では紫外線の治療を行っています。
湿疹は見た目で判断して治療を早めに切り上げてしまい、治療が不十分な場合多いので外用 タイミングについても指導しています。
当院では保湿効果をあげてステロイド外用を減らす目的でカシミア手袋の開発を行い、雑誌でも数多く取り上げられました。
令和元年に皮膚科学会で発表しました。

ニキビ

症状と治療内容

にきびは皮脂量が増加する、思春期に現れやすい肌トラブルです。
オイリー肌が原因だと思っている方が多いですが、にきびの原因はそれだけではありません。
「大人にきび」という言葉があるように、思春期にだけ現れるものではなく、「ストレス」や「食生活の乱れ」なども要因になります。
大人にきびは口回りやあご、おでこ、髪の生え際などにみられ、治療には症状の段階や原因は何なのかタイプを見極めることが重要になります。
その免疫反応で炎症が起こり、かゆみも生じます。 跡を残さないことが重要です。
凹んでしまったニキビ跡は何もなかった肌のように治すのは難しいのが現状です。
10代のニキビは性ホルモンが関与しています。成長に伴う変化でありビタミン剤の内服や外用治療を 行います。
自費の治療についてはピーリングや化粧品、フラクショナルレーザーやレーザーフェイシャルなどお勧め しています。
自費治療の施術内容については以下より詳細ページにてご確認ください。

顔、からだのシミ、いぼ、しわ

症状と治療内容

顔のシミは主に肝斑、そばかす、いぼ、日光性色素斑があり、悪性のほくろや他にあざもあり多種多様です。
いぼはウイルスが、小さな傷から入り込み、感染していぼになります。
ほとんどが良性のものですが、感染率が高く、発見次第早めに治療を行いましょう。
いぼにも多くの種類があり、指や肘、膝にできるいぼや、加齢に伴い手のひらや顔面、腕、肩などにできるものもあります。
再発や転移しやすいので、早期にかかりましょう。
肝斑、そばかす、いぼ、日光性色素斑では保険治療では内服薬や液体窒素療法を行ったり、洗顔の仕方、化粧品や日焼け止めの指導しています。
自費治療ではICONという新しいIPL治療器をお勧めしています。
自費治療の施術内容については以下より詳細ページにてご確認ください。

長引く顔のかゆみ、肌荒れ

症状と治療内容

長引く顔のかゆみ、肌荒れも悩んでいる人が多い病気です。
女性の場合本来の皮脂膜が薄く、更年期に肌の調子が崩れること、また化粧を含めて 顔をいじる機会も多く、なかなか通常の治療では改善しない事も多いと思います。
通常保湿や洗顔の指導を行い、かゆみ止めの内服や外用療法を行い、徐々に改善させて行きます。

じんましん

症状と治療内容

突然体中がかゆくなり、虫さされのような赤い斑点がたくさん出てきます。
ひどい場合呼吸が苦しくなることや、目や口が腫れることもあります。
保険治療です。長引くじんましんの場合、抗アレルギー剤の内服では改善しない事が多く、当院ではゾレアという治療薬を取り扱っています。
難治のじんましんに効果のある薬ですので内服であまり改善しない じんましんの場合、一度ご相談ください。

赤あざ、単純性血管腫、毛細血拡張

症状と治療内容

保険適応でVビームで治療します。痣痕になることの少ない安全なロングパルスのダイレーザーです